院長・スタッフ紹介|大阪市都島区内代町で動物病院をお探しの方は前田動物病院まで

時間 日・祝
9:00〜
12:00
13:00〜
16:00
手術・
往診
手術・
往診
手術・
往診
手術・
往診
手術・
往診
16:00〜
20:00

〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2-8-8

  • 電話
  • メニュー

院長・スタッフ紹介Staff

院長紹介

イメージ画像
前田動物病院は1960年頃大阪市都島区に「前田犬猫病院」として父、繁が開業しました。幼い頃から私は白衣の父が昼夜問わずにそして休みもなく懸命に“小さな命”を助ける背中を見て育ちました。そんな環境も手伝ったのか、父の後継者としていつしか獣医師を志したいと思うようになったのです。
現在は名前も新たに「前田動物病院」として地域に根ざしたホームドクターとして患者様、そのご家族の笑顔を守り続けています。
院長:前田 敦義(マエダ アツヨシ)

経歴

  • 平成6年 麻布大学獣医学部 卒業

所属

  • 大阪市獣医師会
  • 大阪麻布臨床獣医研究会

前田動物病院の診療理念

前田動物病院では次のポリシーを大黒柱に主治医としての責任を果たします。

  • ま・・・まごころ
  • え・・・永続
  • だ・・・代替え案
まごころ
いつか父が診療後に語りました。「どんなに技術があっても心がない獣医師は絵空事だ、そこに心がこもって初めて本物になる。」なぜか私の耳にはその言葉が今日まで残っています。おそらく父は何気なく語っただけだったかもしれません。しかし、私の中にある「獣医師の心得」にはしっかりと刻み込まれた瞬間だったのです。それからの毎日は常にまごころを込めた獣医師をモットーにしております。
永続
良く世間一般で「企業は永続してこそ意味がある。」と言われます。私は動物病院も同じだと思います。大きく成長することよりも小幅でもいいから確実に、そして永続していくことがその動物病院に課せられた使命であると心得ます。だからこそ私はスタッフを大事にすることから始めます。同時にこの病院を育ててくれる地域にも恩返しをしていくことを心に決めました。そう、“感謝”という二文字が私に勇気を与え背中を押してくれました。
代替え案
「主治医は何でも相談できる存在でありたい」これは私が父から受け継いで守っていきたい理念の一つです。専門医と違い開業医は広く患者様に寄り添った獣医療を提供する立ち位置だと感じます。しかしながら、現実的には患者様のご要望全てに応えるのは難しく、もしも叶わない時、つまり病気が重症で当院での治療が困難な時は正直に患者様にお伝えし、その際は二次診療施設へのご紹介という代替案で対応します。

私自身が日々の診療を行うようになった現在、いかに父母がこの病院を守ってきたということが大変であったかを身を持って思い知る機会も増えました。 「病院は患者様に育てられる」「おかげさま」「感謝」「ありがとう」という言葉を常に心がけています。少人数で診察を行っている小さなアットホームな個人病院ですので、病気のことは勿論、飼い主様が家族の一員として飼っておられるわんちゃんねこちゃんのことで、普段疑問に感じておられるどんな些細なことでも結構ですので、遠慮なくご相談ください。 ただ当院では、ヒトでいう町医者のような小さな病院ですので、勿論わんちゃんねこちゃんの一次診療施設としてできるだけのことはさせていただきますが、病気が重症で、通常の血液検査やレントゲン撮影では診断できなくて精密検査や高度な治療が必要となってくる場合は、飼い主様のご希望により二次診療施設へのご紹介をさせていただき、検査・治療の引継ぎに関しましては最後まで責任を持ってお手伝いさせていただきます。

スタッフ紹介

女性スタッフ 2名

ページトップへ